R01お盆市A4-4C.jpg
若柳朝市「お盆市」のお知らせ

令和元年開催〜
第5回お盆市
8月13日(火)開催!
朝5時〜7時開催!
会場:ドリームパル駐車場

お盆用の花、果物、和菓子、新鮮な野菜・ほや等の海産物、もち、加工食品、木工品、カフェなど約20店が並ぶにぎわいの市場です。。災害復興チャリティフリマも開催!

よろしくおねがいいたします。


〜ご出店のお問い合わせもお気軽にどうぞ〜。

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

2011年04月30日

今年で33年目、「若柳朝市」開催します!

平成23年「若柳朝市」を開催いたします。

日時:5月11日〜6月26日(1と6のつく日)10回の市。
   午前6時〜午前8時


開催日:
5/11(水)、16(月)、21(土)、26(木)、31(火)
6/6(月)、11(土)、16(木)、21(火)、26(日)

会場:若柳文化センター(ドリームパル)駐車場

住所:〒989-5501 栗原市若柳字川北古川83番地 0228-32-6600


大きな地図で見る

地元から野菜、山菜、花、種苗、加工食品、総菜、お餅など菓子、米パンなど、
また、6月オープン予定の産直「くりでん」も出店。
市外の石巻、女川からも海苔、わかめ、とろろ昆布など海産物や
加工食品、一関市からも農産物、木工製品など出店。ただいま33店が参加。

出店者もひき続き募集しております。

後援:若柳金成商工会

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会(担当 菊地)
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
twitter : 150shoku

●プレスリリース(5月2日版)PDF



今年で33年目の若柳ではなじみ深い朝市。
栗原の食復活プロジェクトも地元の食を守っていく活動として協力支援し、「若柳朝市」実行委員会の 事務局としてスタッフ3名が参加しています。昨年まで市の運営でしたが、今年から出店者による若柳朝市実行委員会の自主運営となりました。

>>若柳朝市実行委員会について

栗原市若柳は、東日本大震災の被災地でもあります。朝市関係者も皆被災しました。慎んでお見舞い申し上げます。
決してやりすごせない大きな余震も続き、たいへんな時期ですが、復興に向けて、皆様と力を合わせて歩んでいきたいと思います。

朝市出店者にとっても震災の影響は大きく、特に沿岸部の石巻、女川、南三陸町から出店していた海産物の業者の方々は、連絡も取れない状態でしたが、他の市場や催しでその人たちが元気に出店している姿を出店者の仲間がみかけ、「若柳朝市」の出店の声がけをしてもらいました。津波で店舗、車、商品など流されたり被害も大きい中、トラックを借りて海産物仕入れ販売して回ったり、前向きに歩んでいる話を聞きました。

市場は商いの場です。出店者の生活がかかっています。出店者説明会に参加された人たちと話をするうちに、昨年と同じようにいつもの朝市を開きたい。日常を取り戻したいという強い意欲を感じました。出店申込もことしは出足が早く、出店者数も昨年を上回っており、盛況な市場となることを願っています。

若柳朝市 庶務・広報 菊地












posted by 若柳朝市事務局 at 07:00| 宮城 ☀| Comment(0) | 若柳朝市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。