R01お盆市A4-4C.jpg
若柳朝市「お盆市」のお知らせ

令和元年開催〜
第5回お盆市
8月13日(火)開催!
朝5時〜7時開催!
会場:ドリームパル駐車場

お盆用の花、果物、和菓子、新鮮な野菜・ほや等の海産物、もち、加工食品、木工品、カフェなど約20店が並ぶにぎわいの市場です。。災害復興チャリティフリマも開催!

よろしくおねがいいたします。


〜ご出店のお問い合わせもお気軽にどうぞ〜。

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

2009年10月14日

金成にて「150年前のお菓子づくり」講習会

事務局の菊地です。

10月13日(火)午後7時〜、栗原市金成にて、若柳金成商工会女性部主催の、会員向け「150年前のお菓子づくり」講習会を開催しました。
会場は、金成総合支所の並びのふれあいセンターとなり、沢辺下2地区集会所で、良いサイズの調理場がありまして、なかなか使い勝手のよいところでした。

参加は10名ほどで、金成の皆様方中心に商工会女性部の人たちに集まっていただきました。商工会の川嶋会長もおいで下さいました。

7日の若柳での講習会に引き続き、産業まつりに出品するために、会員の皆様で試作、試食してみようということで、らくがん、くずまんじゅうを作りました。

若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

今回も「ふぢや」さんから借りた「らくがん」の木型を使い、型抜き。
若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

練りがいい感じでしたが、木型に強く詰めすぎたのか、型抜きが難しい。しかし、名人登場で、スコーンと型抜きが次々進む。

若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

みなで試食しました。らくがんの甘さ加減もよく、味、かたちともに安定してきました。

EPSN1974.jpg

言われてみれば、黒ごまが雪景色の雁に見えます。
若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」
「一第育教」〜右から教育第一と表記してありますので、昭和10年ごろの型なんでしょうか。

大崎タイムスの鈴木記者も取材にきてくれました。
若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

くずまんじゅうもおいしくできました。

若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」

出来上がりが商品っぽくなってきまして、らくがんの製法のブラッシュアップができました。産業まつりでの出品は「らくがん」だけに絞りました。

若柳金成商工会 「150年前のお菓子作り」






posted by 若柳朝市事務局 at 21:17| 宮城 ☀| Comment(0) | 栗原の食復活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。