若柳朝市のお知らせ(令和2年7月22日発表)

〜令和2年度 は全回中止〜
「お盆市」も中止にいたします。
第42回「若柳朝市」は中止いたします。

国内の新コロナ感染状況と緊急事態宣言が発令された現況を考慮し、
令和2年度の若柳朝市は全回中止といたしました。
なお、農業用の野菜の種苗等の購入ご希望のかたには、当朝市の出店業者をご紹介いたしますので、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

2009年09月06日

9/6(日)朝日新聞・全国版に記事掲載されました

asahi090906.jpg

事務局 菊地です。

前回お知らせした通り、9月6日(日)朝日新聞の全国版・朝刊「生活」面に、8月4日の第3回試作の取材記事などを中心に、「郷土食 古文書から復活」という見出しで記事掲載されました。

郷土食 古文書から復活

地域の魅力 再発見


記事にも専門家のコメントでありましたが、郷土のリソースを「視点を持って」リサーチして、再発見し、きっちり情報発信していけば、地域活性の光を輝かせることができ、元気のない地方を復興できるきっかけとなるのではないか。そんな思いで、私たちもプロジェクト運営しています。

他の食復活取り組みの記事も書いてあり、熊本市では昨年「熊本藩士のレシピ帖」を出したそうで、これはぜひ読んで見たい。熊本城では当時の献立でつくった「本丸御膳」を毎日50食、出してるそうです。
レシピ開発、商品化のお手本として私としても興味深いなー。
posted by 若柳朝市事務局 at 22:20| 宮城 ☀| Comment(0) | マスコミ取材・掲載情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。