平成29年若柳朝市「のお知らせ

第39回「若柳朝市」
5月11日〜6月26日の末尾に1と6のつく日
(5/31を除く)全10回。
朝6時〜8時開催!

会場:ドリームパル駐車場


今年も「若柳朝市」開催します!
よろしくおねがいたします。


〜ご出店のお問い合わせもお気軽にどうぞ。毎年新しいお店が参加されています〜。

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
開催日のお知らせpdf>>

2009年06月01日

プレスリリース(5/21)、プロジェクト概要

事務局の菊地です。

本プロジェクトの広報説明用に、プレスリリース、プロジェクト概要のpdfを公開いたしますので、ダウンロードして、ご活用いただけますよう、よろしくおねがいいたします。

※pdf閲覧には、Adobe Readerが必要です。


150年前の栗原の食復活プロジェクト
・プレスリリース(2009.5.21)

報道関係者各位

プレスリリース


2009年5月21日


「150年前の栗原の食復活プロジェクト」事務局


「150年前の栗原の食復活プロジェクト」

「たかまった」に伝わる安政4年の料理書「大秘方萬料理方全」を解読、今に伝える食復活プロジェクトを開始しました。


■プロジェクト概要
 「150年前の栗原の食復活プロジェクト」(宮城県栗原市若柳、代表:小野寺健太郎)は、栗原市若柳の旧家、千葉家(たかまった)に、およそ150年前の安政4年(江戸時代)から伝わる料理書「大秘方萬料理方全」を現代語に訳し、試作しながら料理のデータベースを作成。そして今の時代にもおいしいレシピを作り、料理を再現します。その過程を文章、写真、映像で記録し、テキスト等のコンテンツとしてまとめ、次世代を担う子どもたち、地域のひとたちにふるさと栗原の食文化を伝えます。それを核として新たな食文化の創造、地域の歴史や文化の再認識につなげる食復活プロジェクトです。

 古文書には、166品目の料理が収録され、この中から30品目を選定し、試作〜メニュー開発をしますす。なお、このプロジェクトは、財団法人トヨタ財団「2008年度地域社会プログラム」の助成を受けた事業です。
■ 実施期間:2009年4月1日〜2010年3月31日
■プロジェクトのメンバー
栗原市内の若柳金成商工会街づくり委員会の委員長がリーダーとなり、くりはら1000枚プロジェクトなどの地域のNPO、奥州街道会議、菓子職人、料理研究家、農家レストラン経営者などで構成されています。また、栗原市役所の栄養士さん、くりはら研究所の職員の方々にサポートしていただいてます。

■問い合わせ(詳細はpdf書類をご覧下さい)
「150年前の栗原の食復活プロジェクト」
 http://kurihara-shoku150nen.seesaa.net/
事務局 担当:菊地 聡
メール:kurihara150nen-shoku@k-gazou.net 

>>pdf (84KB)


・プロジェクト概要(2009.6.10版)(10ページ)

※異動により、メンバーの所属団体の変更などあり、プロジェクト概要を訂正しました。(2009.6.10版)

>>pdf (2.5MB)


・広報チラシ

50年前の栗原の食復活プロジェクト

>>pdf(1.2MB)



posted by 若柳朝市事務局 at 23:38| 宮城 ☀| Comment(0) | プレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。