若柳朝市のお知らせ(令和2年7月22日発表)

〜令和2年度 は全回中止〜
「お盆市」も中止にいたします。
第42回「若柳朝市」は中止いたします。

国内の新コロナ感染状況と緊急事態宣言が発令された現況を考慮し、
令和2年度の若柳朝市は全回中止といたしました。
なお、農業用の野菜の種苗等の購入ご希望のかたには、当朝市の出店業者をご紹介いたしますので、下記までお問い合わせください。
お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

2009年04月05日

「150年前の栗原の食復活プロジェクト」について

「150年前の栗原の食復活プロジェクト」とは

 栗原市 若柳の旧家、千葉家(農家レストラン「たかまった」)に安政4年・江戸時代から伝わる料理書「大秘方萬料理方全」(読みは、「だいひかた よろずりょうりかた ぜん」、または、「だいひかた よろずりょうりほう ぜん」 )を現代語に訳し、料理データベース化し、それらを編集、実験制作、アレンジすることで、今の時代にもおいしいレシピの作成、料理の再現をします。

「大秘方萬料理方全」 栗原の食復活

book02_EPSN6906.jpg

 その過程を文章、写真、映像で記録し、テキスト等のコンテンツとしてまとめ発表し、次世代を担う子どもたちをはじめ、市民の皆さん、この地に移り住んだひとたちに「栗原の食文化」を伝えていきます。それを核として新たな食文化の創造、地域の歴史や文化の再認識につなげることが目的です。

■なお、このプロジェクトは「財団法人 トヨタ財団」の助成を受けて行っております。


※関連リンク
農家レストラン「たかまった」のブログの「たかまったの古文書プロジェクト」記事

プロジェクトのメンバー

プロジェクトのメンバーは、栗原市内の若柳金成商工会街づくり委員会の委員長がリーダーとなり、田園観光課のくりはら研究所など栗原市役所、くりはら1000枚プロジェクトなどの地域のNPO、奥州街道会議、菓子職人、料理研究家、農家レストラン経営者などで構成されています。

メンバーはこちらで紹介しています>>プロジェクトのメンバー詳細

プロジェクト事務局
   
posted by 若柳朝市事務局 at 01:02| Comment(0) | プロジェクトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。