R01お盆市A4-4C.jpg
若柳朝市「お盆市」のお知らせ

令和元年開催〜
第5回お盆市
8月13日(火)開催!
朝5時〜7時開催!
会場:ドリームパル駐車場

お盆用の花、果物、和菓子、新鮮な野菜・ほや等の海産物、もち、加工食品、木工品、カフェなど約20店が並ぶにぎわいの市場です。。災害復興チャリティフリマも開催!

よろしくおねがいいたします。


〜ご出店のお問い合わせもお気軽にどうぞ〜。

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存
保存

2009年04月05日

「150年前の栗原の食復活プロジェクト」について

「150年前の栗原の食復活プロジェクト」とは

 栗原市 若柳の旧家、千葉家(農家レストラン「たかまった」)に安政4年・江戸時代から伝わる料理書「大秘方萬料理方全」(読みは、「だいひかた よろずりょうりかた ぜん」、または、「だいひかた よろずりょうりほう ぜん」 )を現代語に訳し、料理データベース化し、それらを編集、実験制作、アレンジすることで、今の時代にもおいしいレシピの作成、料理の再現をします。

「大秘方萬料理方全」 栗原の食復活

book02_EPSN6906.jpg

 その過程を文章、写真、映像で記録し、テキスト等のコンテンツとしてまとめ発表し、次世代を担う子どもたちをはじめ、市民の皆さん、この地に移り住んだひとたちに「栗原の食文化」を伝えていきます。それを核として新たな食文化の創造、地域の歴史や文化の再認識につなげることが目的です。

■なお、このプロジェクトは「財団法人 トヨタ財団」の助成を受けて行っております。


※関連リンク
農家レストラン「たかまった」のブログの「たかまったの古文書プロジェクト」記事

プロジェクトのメンバー

プロジェクトのメンバーは、栗原市内の若柳金成商工会街づくり委員会の委員長がリーダーとなり、田園観光課のくりはら研究所など栗原市役所、くりはら1000枚プロジェクトなどの地域のNPO、奥州街道会議、菓子職人、料理研究家、農家レストラン経営者などで構成されています。

メンバーはこちらで紹介しています>>プロジェクトのメンバー詳細

プロジェクト事務局
   


posted by 若柳朝市事務局 at 01:02| Comment(0) | プロジェクトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。