平成29年若柳朝市「のお知らせ

第39回「若柳朝市」
5月11日〜6月26日の末尾に1と6のつく日
(5/31を除く)全10回。
朝6時〜8時開催!

会場:ドリームパル駐車場


今年も「若柳朝市」開催します!
よろしくおねがいたします。


〜ご出店のお問い合わせもお気軽にどうぞ。毎年新しいお店が参加されています〜。

お問い合わせ
若柳朝市実行委員会 事務局
090-6255-6164
asaichi@k-gazou.net
開催日のお知らせpdf>>

2009年12月18日

12月〜のプロジェクトの予定

・プロジェクト納会 
12月28日 午後6時半〜 

2010年〜
●有賀小学校の総合学習「食育」で出前授業

1月21日(木)

10時半〜(3校時、4校時):3年生 らくがんづくり

午後1時半(5校時):5、6年生、郷土史の授業


●市民向けの一般試食会を開催

2月13日(土)

午後5時〜 たかまったさんにて
会費 1000円
お飲物は別料金です。

試食会で好評だったメニューを含め、
商品化アレンジしたものをいくつか試食に
出してみようかなと思ってます。

市の広報で20名募集し、応募多数の場合は抽選となります。

●郷土史講座(日程調整中)

若柳地区公民館、若柳金成商工会青年部より、リーダーの健太郎さんに依頼が来ています。

3月末
150年前の有賀の里の料理レシピを本にまとめ、公開予定。
プロジェクトの活動記録、地元の観光情報など盛り込んだDVDもまとめる予定です。

4月中
トヨタ財団へ報告書など提出
posted by 若柳朝市事務局 at 01:45| 宮城 ☁| Comment(0) | プロジェクトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

11月16日の試食会ドキュメント〜その2(実施編)

11月16日、午後3時半に受付を開始し試食会本番突入です。

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

お天気は雨も降らず、庭での炭火焼き焼き鳥なども午後いちから続けて行うことができ、その香りに誘われるように、来賓の皆様も三々五々、集まり始めました。

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

佐藤勇市長もご到着。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

栗原市の田園観光課、今野課長さんには、焼き鳥に参加していただき、丁寧に焼き上げてもらいました。
P1010125.jpg

料理は一点一点順調に出来上がってゆき、盛り付け、配膳の段取りも整いました。
P1010078.jpg

P1010150.jpg

P1010151.jpg

試食会参加のお客様は24名、報道関係が7団体、加えてプロジェクトのスタッフが数名なので40名近くがたかまったさんの大広間に集まりました。お屋敷は大きいのですが、お膳並べた広間にその人数が集結しましたので、プレス席辺りがけっこう混雑しました。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

予定通り、午後4時から試食会をスタート。サブリーダーの中嶋美恵子さんの司会で、はじめにリーダーの健太郎さんの開会の挨拶。
R0010213.jpg

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

そしてトヨタ財団の加賀さん、鷲沢さんにご挨拶いただきました。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

P1010215.jpg

たかまったさんの女将、千葉静子さん、栄養士の佐藤泉さんから料理の説明があったあと、
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

R0010236.jpg

みやぎ街道交流会の高倉会長より乾杯のご発声をいただき、会食を始めました。
P1010232.jpg

はじめに出した料理は、「木瓜もみ漬の事」「梅肉和の事」「水仙玉子」「鱧の摺身何人前も早速調ふる法」(はものかまぼこ)

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

皆さんお食事しながら、これはなかなかヘルシーだねとか語り合い、場が和んできたころ、取材の方々もお膳のほうに回り撮影やインタビューを開始しました。
R0010289.jpg

試食会のお品書きは以下の通りです。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

●前菜メニュー(8品)

1「木瓜もみ漬の事」〜秘伝93 

2「梅肉和の事」〜秘伝95

3「水仙玉子」〜秘伝96

4「常盤味噌の事」〜秘伝100:蒸し野菜の薬味として

5「かつおのたたきの方」〜秘伝148:蒸し野菜の薬味として

6「焼鳥の仕様」〜秘伝166

7-1「鮹(タコ)を和らかに煮様」〜秘伝78

7-2「早速拵ゆる煎酒の法」〜秘伝58 梅風味のもの:たこの薬味

8「みどり漬け」〜秘伝89 


●主菜メニュー(9品)

1「甘漬の法」〜秘伝53 冬のかぶやにんじんを使って

2「鱧の摺身何人前も早速調ふる法」(はものかまぼこ)〜秘伝54

3「南蛮漬の法」〜秘伝51

4「煮鳥」〜秘伝162

5「鳥餅の方」〜秘伝161

6「料理食」〜秘伝67 地物の沼えびと新米でつくる味付けごはん

7「そば切り」〜秘伝49 玉子練り込みそば

8「玉子切り」〜秘伝46 玉子練り込みうどん

9「煎酒の法」〜秘伝66 めんつゆ



●菓子:デザート(3品)

1「羊巻之仕様之事」(蒸し羊羹)〜秘伝101

2「かすてらぼうる之事」〜秘伝104

3「落雁の事」〜秘伝102 (おみやげ


会食後
市長さんからは郷土の食を再発見したお話をいただきました。(市の公式サイト:2009年11月16日(土曜日)の市長の出来事
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

みやぎ街道交流会の山屋事務局長からは、奥州街道の歴史散策整備も進行している折から、ぜひ郷土の食として訪れる人たちに食べてもらえるよう一緒にやっていきましょうと、今後の展望をお話いただきました。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

プライベートで参加のNHKの杉尾さんから、このプロジェクトについてのお話をいただきました。杉尾さんとは、8月にリーダーの健太郎さんが幕末気象予報士としてNHK「ラジオ深夜便」に「温故知新で地域を豊かに」で出演したときからのご縁です。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

アドバイザーの鐙さんの挨拶のあと、高倉会長の一本締めで、中締め。
11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会


その後は、7時半頃まで歓談し、ゆるやかに閉会いたしました。
調理場から料理を運ぶ廊下も遮られることがたびたびで交通整理できず、反省しています。いろいろ不手際もごさいましたが、おかげさまで、なんとか試食会は、笑顔で終える事ができました。

11月16日 幕末 150年前の栗原の料理 試食会

ご参加いただいた皆様、スタッフの皆様、大変ありがとうごさいました。また、アンケートご記入いただきましてありがとうごさいました。集計結果を今後の郷土食の開発、食育、研究開発に役立て、復活した料理をまちおこしのかたちにしていきたいと考えています。



来年の1月21日には、若柳地区 有賀小学校で、総合学習〜食育で「150年前のお菓子作り」「郷土の歴史」の授業を行う予定です。

また2月13日には、有賀の里「たかまった」さんにて、市民向けの「試食会」を開催。市の広報くりはらにて参加を募集いたします。

詳しくはプロジェクトの予定をご覧下さい「>>
posted by 若柳朝市事務局 at 09:44| 宮城 ☀| Comment(0) | プロジェクト試作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月16日の試食会ドキュメント〜その1(準備編)

事務局 菊地です。
マスコミ各社やご来賓の方々のブログ等ですでに報じられておりますが、本プロジェクトでは、11月16日(月)に有賀の里「たかまった」さんにて、第1回目の成果発表となる、関係者向けの試食会を行いました。試食会前のイベントいろいろありまして、あわただしく、記録整理も追いつくよう、編集中です。

試食会までの経過としては、11月9日に直前スタッフミーティングを行い、料理品目の確認と役割分担、前日準備班、当日次第など決定。マスコミ各社から取材申し込みもありましたので、対応の確認もしました。

試食会 準備

試食会 準備
お膳を見て、料理の配置を計画

試食会事前イベントとしては、別記事でも紹介しておりますが〜
・10月31日、11月1日の産業まつりにて、商工会女性部ブースの「150年前のお菓子」販売をプロジェクトで支援、試食会の関連で取材もきていました。

・11月12日は、迫町公民館での「実践シニア塾」にて、リーダーの小野寺健太郎さんの郷土史講義が行われ、江戸時代の迫川の舟運に関連づけ、当時の食生活と150年前の食復活プロジェクトの活動を紹介。健太郎さんは講義後、KHBの試食会のニュースのため、事前インタビュー取材を受けました。

実践シニア塾

実践シニア塾

小野寺健太郎さん KHBインタビュー

・11月15日は、秋の「健康まるごとフェスタ」が志波姫地区の姫プラザで開催。食育ブースにて、栗原の食復活をパネル展示、パンフ配布等で説明しました。

健康まるごとフェスタ 食育

健康まるごとフェスタ 食育

別班の料理スタッフは、会場のたかまったさんにて、試食会前日仕込みや、事前取材の対応とかなり密度が濃い日でした。夜会場に集合し、各自持ち場の確認、下準備と当日の実施イメージを共有しました。

試食会前日
お膳をきれいに磨き、明日に備える。

試食会前日
たかまったの女将さんは、和紙に江戸遊…と朱で書を書き、お膳を彩る準備。

・そして試食会当日。16日。
前日にビデオ撮影で東京から若柳入りしていた、カメラマンの中村さんと、早朝5時半ごろの伊豆沼の野鳥の飛び立ちを撮影すべくご案内。

EPSN2989.jpg

DSC02818.jpg
HDV撮影:中村賢二郎氏

その後、午前9時に会場の「たかまった」さんに集合。ご来賓が直前で増えましたので、準備や配膳の調整を確認し、食材を揃え、料理開始。午後4時からの試食会に備えます。

EPSN3005.jpg

調達できるか、当日までわからなかった、三陸の生ダコ、野鳥のキジも入手できまして、ほぼ、計画どおりお品書きができることに。

きじ

生たこを柔らかく煮る
HDV撮影:中村賢二郎氏

たこの柔らか煮

午後2時頃、本プロジェクトの活動をご支援いただいております、トヨタ財団の地域社会プログラムの加賀さん、鷲沢さんが会場に到着し、別室にてリーダの健太郎さん、アドバイザーの鐙さん、事務局菊地と共に、栗原の食復活の進捗報告や地元の食文化のことなどを郷土史、たかまったさんの歴史と照らしながら会談しました。

EPSN3015.jpg

午後3時半からの受付を前に、庭先では、焼き鳥やかすてらぼうるを焼き始め、香りの演出。

EPSN3023.jpg
緑のタイムカプセルみたいな蒸し釜でかすてらぼうるを炭火焼。
真ん中で、赤ふちメガネで眺めるグリーンツーリズム研究家の石田磬さん。ブログで速報していただきまして、ありがとうごさいます。

ご来賓のいろり番事務局長、早川さんにも、早速記事掲載していただきました。ありがとうごさいます。

EPSN3037.jpg
炭火焼きは、スタッフの久我さん(会計・菓子担当)

EPSN3021.jpg

EPSN3024.jpg
日も暮れてきました。

試食会本番につきましては、次回記事に続きます。
>>11月16日の試食会ドキュメント〜その2(実施編)


posted by 若柳朝市事務局 at 06:21| 宮城 ☁| Comment(0) | プロジェクト試作ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大崎タイムス「江戸時代の味覚へタイムスリップ」11月21日付

ごぶさたしております。事務局の菊地です。

大崎タイムス社さんより、11月16日の試食会取材分を掲載した新聞をお送りいただいております。

11月21日(土)付
「江戸時代の味覚へタイムスリップ」


古文書から再現、歴史と文化味わう
150年前の栗原の食復活プロジェクト

(栗原支局)
トヨタ財団の助成を受け、古文書を解読し栗原の料理を再現、歴史や文化の再認識を目指す「150年前の栗原の食復活プロジェクト」は16日…

大崎タイムス11月21日(土)付 古文書から再現、歴史と文化味わう
posted by 若柳朝市事務局 at 02:30| 宮城 ☁| Comment(0) | マスコミ取材・掲載情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする